白さを蘇らせるため|コンプレックスのほうれい線はヒアルロン酸で改善できる

コンプレックスのほうれい線はヒアルロン酸で改善できる

レディ

白さを蘇らせるため

カウンセリング

排出もしくは肌ごと除去

目元の肌はデリケートなので刺激を受けやすく、荒れてしまいがちです。これによりメラニン色素が多く作られるのですが、若いうちは肌の代謝が活発なので、作られたメラニン色素はすぐに排出されます。ところが年をとると、代謝のペースが落ちるため、目元のメラニン色素は残りやすくなります。これによって生じる局部的なくすみがクマで、色が濃くなるほど顔色が悪く見えるようになります。そのため美容外科では、このメラニン色素を除去する治療がおこなわれています。具体的には、肌の代謝のペースをアップさせることで、若い頃と同じように速やかに排出させるという治療や、メラニン色素の影響を受けた肌そのものを除去するという治療です。これらによりクマはなくなり、目元の白さが蘇ります。

レーザーやフルーツ酸で

排出を促す治療は、ロングパルスレーザーで目元の肌をやや深い部分から温めるという方法でおこなわれています。温めると血行が良くなるため、目元には血液中の栄養分や成長因子が多く集められます。すると肌が代謝をおこないやすくなり、古い肌細胞をメラニン色素と一緒に排出させるようになるのです。肌ごと除去する治療は、ケミカルピーリングによっておこなわれます。まずは目元にフルーツ酸を塗るのですが、これによりバリア機能の低下した古い細胞のみがふやけます。それを取り除けば、そこに含まれているメラニン色素ごと除去されることになるのです。いずれの場合も、メラニン色素がなくなるにつれてクマは薄くなっていきます。クマがなくなれば、顔色が良くなりますし、表情も明るく見えるようになります。