世界で使用される医薬品|コンプレックスのほうれい線はヒアルロン酸で改善できる

コンプレックスのほうれい線はヒアルロン酸で改善できる

レディ

世界で使用される医薬品

女医

基準が明確で安全性向上

ボトックス治療に使用されるのは、ボツリヌス毒素製剤、ボツリヌストキシンと呼ばれる医薬品です。斜視に対する治療薬として使われたのが初めてですが、現在は医療用とだけでなく美容用途でも用いられるようになりました。もちろん医薬品として使い、正しく使うには専門的な知識が必要なため、美容用途でも医療機関でしか治療を受けられません。ボトックス治療に使用する、製剤はいくつもの種類があり、アメリカやイギリスなどで製造しています。局所的にしわを取りたい、たるみを改善したいなどの希望があれば、美容外科などの医療機関でボトックス治療が受けられます。ボトックス注射の施術件数が多い医師を選ぶと、希望通りの効果が得られると言われます。

利用用途が広範囲

ボトックス治療で使用する注射液には、厚生労働省承認、FDA(アメリカの厚生労働省のような機関)承認というように公的な機関で認めているものがあります。FDA承認でも十分ですが、安心したい方は厚生労働省承認のボトックスを使った治療が良いでしょう。医療機関では医師からの解説がありますので、自分自身で納得してから治療を開始しましょう。公的機関で承認されているボトックス製剤の中にはコストが高いものがありますが、安全性の高さも表していると考えて構いません。安価なボトックス製剤の中には、治療で注射をすると痛みを感じる場合はあるので、費用対効果の確認は必須です。さらに注射をするだけというシンプルな方法ですが、その使い方を熟知した医師の治療なら得られる効果にも満足できるでしょう。